引越し前に調べておこう|引越しの見積もりをして検討!新しい生活への第一歩

プロ運び

業者の探し方を知るとともに、引越し先の選び方の注意点を把握する

上手に業者を探すことがコツ

引越し業者の言われるがままに手続きを完了してしまってはダメです。作業の見積もりを出してもらったときに、それよりも安い価格で作業をしてもらいたいときは交渉することも可能です。見積もりに納得しない場合は相談してみましょう。

費用を安くする方法がある!ランキング別にチェックしよう

no.1

相場が安い時期を選択するようにする

新生活を迎えることとなる3月や4月頃は引越しをする人が急増することから引越しにかかる相場が高くなる傾向にあります。できるだけ引越しの相場を安くしたいなら新生活のシーズンを避けて、多くの人達の引越しが落ち着くとされる6月や7月などを選択しましょう。

no.2

不用品は事前に処分をして荷物を少なくする

荷物の量によって引越しにかかる料金が変動するので、不用品が多いという人は業者に依頼をする前に自分自身で処分をしておくようにしてください。そうすれば荷物も軽くなるので、その分引越しにかかる費用を安くすることができるでしょう。

no.3

荷造りは人任せにしないこと!

引越し業者に依頼をすれば荷造りも全て業者が行なってくれますが、そのサービスを利用すると追加料金が発生してしまいます。業者に依頼をしたら自分で作業をする手間がなくなり自由な時間を確保できますが、その分お金がかかることを意識しましょう。安くしたいなら自分で荷造りをしてください。

引越し前に調べておこう

部屋

引越し先を選ぶときに注意が必要なこと

インターネットなどで候補の新居を決めたら、まずは管理人に連絡をいれて下見をすることが大切です。写真やイラストなどから部屋の間取りを見ただけでは具体的な間取りが分からないため、実際に見学をしてから引越し先を選ぶようにしてください。また窓の数もその時に調べておくと、引越し当日までにカーテンを購入して設置するようにしましょう。

日当たりの良い部屋なのか

部屋の角度などによっては、太陽光が全く入らない部屋もあります。そうなると日陰の時間帯が多くなって部屋全体が暗くなってしまうでしょう。日当たりの良い場所を確保するならすぐに手続きを進めるようにしてください。基本的に日当たりの良い部屋は人気が高いため、入居者募集中の住宅は条件の良い部屋から契約成立してしまいます。お部屋探しをしているなら情報を調べてすぐに手続きをするようにしましょう。

エアコンの数を調べておく

新居を決める際はエアコンが何台あるのかもチェックをしておくことが大切です。もし2つの部屋があるのにも関わらずエアコンが一台しか設置されていないのであれば、旧居から一台を取り外してもう一つの部屋に設置をすることもできます。新居を見学せずに手続きをすると、部屋にエアコンがないというトラブルも発生するので要注意です。